野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人が生え抜きパワーで首位浮上 菅野2勝目 坂本&亀井弾 岡本&阿部に適時打

巨人は12日、東京ドームでヤクルトと今季初対戦し、6-1で快勝。ヤクルトと入れ替わり、首位に浮上した。エース・菅野が7回1失点で2勝目。坂本、亀井に本塁打、岡本と阿部にタイムリーが飛び出すなど、生え抜きメンバーが躍動した。

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

菅野は7回4安打1失点 初回山田に被弾も2回以降は要所を締める

■巨人 6-1 ヤクルト(12日・東京ドーム)

【動画】3日の試合では巨人ファン待望のホームラン揃い踏み! 東京ドームが沸いた丸佳浩&岡本和真の初アベック弾!

 巨人は12日、東京ドームでヤクルトと今季初対戦し、6-1で快勝。ヤクルトと入れ替わり、首位に浮上した。エース・菅野が7回1失点で2勝目。坂本、亀井に本塁打、岡本と阿部にタイムリーが飛び出すなど、生え抜きメンバーが躍動した。

 先発のエース菅野は初回にヤクルト・山田に先取点となるソロを浴びたが、2回以降は快投を演じた。逆転してもらった4回には無死一、二塁のピンチを招いたが、雄平、西浦、村上を三者連続三振に切って取るなどギアを上げた。
7回まで投げ、4安打9奪三振。強力ヤクルト打線を1失点に防いだ。

 打線は初回に4番・岡本の中前安打。3回には坂本が特大3号ソロを左翼へ、4回には亀井が左中間席へ2号ソロ。5回には坂本のタイムリー、代打・阿部の2点タイムリーで点差を広げた。

 ヤクルトは巨人戦でシーズン8連勝と相性の良かったエース・小川が先発したが、5回8安打6失点と精彩を欠いた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」