野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローに「『Thank You』と伝えたい」―“3000本Tシャツ”作製のファンが語る

イチローに「『Thank You』と伝えたい」―“3000本Tシャツ”作製のファンが語る

3月21日、東京ドームで行われたアスレチックス戦を最後に、現役生活に幕を下ろしたマリナーズのイチロー外野手。メジャーで19年間、マリナーズ、ヤンキース、そしてマーリンズと3チームでプレーしたイチローは、それぞれの地でファンに愛されてきた。

自作のTシャツを着用しイチローを応援するジェイ・マーカスさん【写真:Getty Images】
自作のTシャツを着用しイチローを応援するジェイ・マーカスさん【写真:Getty Images】

3000安打カウントダウンTシャツを作成したマーカスさん「僕も偉業の一部になれた」

 3月21日、東京ドームで行われたアスレチックス戦を最後に、現役生活に幕を下ろしたマリナーズのイチロー外野手。メジャーで19年間、マリナーズ、ヤンキース、そしてマーリンズと3チームでプレーしたイチローは、それぞれの地でファンに愛されてきた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 その最たる例が“イチ・メーター”で知られるエイミー・フランツさん。イチローの安打数をカウントするお手製のボードが一躍脚光を浴び、イチローが現役生活に幕を下ろした東京ドームにも応援に駆けつけた。そして、マーリンズ時代で言えば、ジェイ・マーカスさん。イチローがMLB通算3000安打達成へのカウントダウンTシャツ&“到達Tシャツ”を作成したことが話題になったと言えば、印象に残っているファンも少なからずいるのではないだろうか。

 マイアミ在住で球団創設以来のマーリンズファンであるジェイさんが、イチローの引退についての思いを語ってくれた。

――イチローを初めて知ったのはいつですか?

「イチローについてほとんど知らなかった。日本からとても素晴らしい打者がメジャーに来る、とニュースで聞いた。シアトルでプレーしていた頃、西海岸はとても遠いので、ニュースなどはほとんど見ていなかった」

――イチローの安打カウントTシャツを作ろうと思ったキッカケは?

「イチローの3000本安打Tシャツを作ろうと思った理由はいくつかある。メジャーで生涯3000本安打を打つということは偉業だからね!! 毎日試合に行くようになってから、この偉業を称えたいと思ったんだ。Tシャツを作ることで、僕もこの偉業の一部になれた。シーズンチケットを持っていたから、いつもTVに映ったしね! Tシャツのおかげで一気にメディアに露出することになったよ。毎日、このTシャツを着る人が増えたので、僕の座っているセクションにいる全員にあげ始めたんだ。イチローがヒットを打つたび、カメラは僕たちがTシャツの数字を変えるところを撮るようになった。とても楽しかったよ!!」

――イチローについて一番印象に残っていることは何ですか? また、イチローに驚かされたことがありましたら教えてください。

「イチローについて印象に残っていることは、彼の卓越した献身だね。彼は、立派なキャリア全体において最高のレベルでパフォーマンスしていた」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」