野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックス、新4番の“ラオウ”杉本が1試合2発! 山崎福2年ぶり白星

オリックスが13日の西武戦(メットライフドーム)で10-3で大勝。最下位を脱出した。

バックスクリーンへ特大弾を放ったオリックス・杉本裕太郎【写真:荒川祐史】
バックスクリーンへ特大弾を放ったオリックス・杉本裕太郎【写真:荒川祐史】

西武は今井が自己ワースト7失点 借金1

■オリックス 10-3 西武(13日・メットライフ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 オリックスが13日の西武戦(メットライフドーム)で10-3で大勝。最下位を脱出した。

 新4番の“ラオウ”こと杉本が3回無死一塁で中越え1号2ランを放つと、7回先頭では左越え2号ソロ。打線は12安打で今季初の2桁10得点を挙げた。4回から救援した2番手山崎福は4回無安打無失点に抑え、2017年7月10日の日本ハム戦以来の約2年ぶりの勝ち星を挙げた。

 西武は先発の今井が初回に4四球を与えるなど制球に苦しんだ。6回途中で6四球、自己ワースト7失点を喫した。打線は4安打と元気がなかった。借金1となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」