野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ、ファンからの“助言”に苦悩「簡単に変えられまへんねん」

カブスのダルビッシュ有投手が13日(日本時間14日)、自身のツイッターを更新。シーズン中に投球フォームを変更することの難しさを綴っている。

カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ツイッターにファンから投球に対する助言などが殺到「大変ありがたいのですが…」

 カブスのダルビッシュ有投手が13日(日本時間14日)、自身のツイッターを更新。シーズン中に投球フォームを変更することの難しさを綴っている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ダルビッシュは今季の本拠地初先発となった10日(同11日)のパイレーツ戦では5回1/3で5安打5失点。今季は0勝2敗、防御率7.50となっている。常日頃からSNS上でファンに対して丁寧に応対する右腕。ここ最近はファンから投球に対する助言、意見などが殺到していた。

 これまで一部ファンからの意見を投球に取り入れたこともあった。それでも、この日ダルビッシュは「フォームこうした方がいいとかのアドバイスを最近よく頂き大変ありがたいのですが、中4日しかなくブルペン1回のみ30球限度の中でそんな簡単に変えられまへんねん。平地で練習してもマウンドと全く違うからあんまり意味ありまへんねん。やるのは意外と難しいねんでー」と関西弁で苦悩を打ち明けている。

 次回登板は15日(同16日)のマーリンズ戦の予定となっている。今季4試合目の登板で待望の初勝利をつかみたいところだ。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」