野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今季初勝利のダルビッシュ 最速159キロに女房役も驚き「予想してなかった」

今季4度目の先発で初勝利を挙げたカブスのダルビッシュ有投手について、カ軍のジョー・マドン監督と捕手のコントレラスから称賛の声が上がった。

今季初勝利を挙げたカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
今季初勝利を挙げたカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

地元紙で言及、女房役のコントレラス「(99マイルは)予想をしていなかったよ」

■カブス 7-2 マーリンズ(日本時間16日・マイアミ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ダルビッシュ有を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 今季4度目の先発で初勝利を挙げたカブスのダルビッシュ有投手について、カ軍のジョー・マドン監督と捕手のコントレラスから称賛の声が上がった。

 15日(日本時間16日)の敵地マーリンズ戦に今季4度目の先発をし、5回2/3を投げ4安打2失点8奪三振。地元紙シカゴ・サンタイムスでは、マドン監督のコメントを紹介。「彼が今日見せてくれた気持ち(感情)は、私としても嬉しいこと。彼は本当に良い投球をしたいと思っていたし、それができていた」と賛辞を贈った。

 なかなか本来の投球ができない苦しい日々が続いたが、指揮官は「彼は良くなってきているし、彼が93~94マイル(約150~151キロ)出してもらえたらなと思っている。その球速を出しつつ、制球もできれば、それで十分だ」と球速はマドン監督のイメージ通り。四死球は5つ出したが、2失点にまとめる力投をたたえた。

 捕手のコントレラスは最速99マイル(約159キロ)のスピード感に驚いたようだ。「彼があれだけの剛速球を投げられるのは分かっているけど、最終的に僕は(6回に99マイルを出したことは)予想していなかったよ」。ツーシームや変化球でも打者を打ち取った内容に「あのシンカーを内角の低めに投げられたら、打てないよね。特に、99マイルも出ているんだからね」とコメント。右打者の内角低めに沈むシンカーのような変化をするツーシームに、球を受けている女房役も脱帽していた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」