野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島、6カード連続負け越し阻止、中日は3年ぶり2位タイ! 17日セ・リーグは?

広島、6カード連続負け越し阻止、中日は3年ぶり2位タイ! 17日セ・リーグは?

セ・リーグは17日、各地で全3試合が行われた。

DeNA戦に先発した中日・山井大介【写真:福谷佑介】
DeNA戦に先発した中日・山井大介【写真:福谷佑介】

ヤクルト対阪神は延長12回を戦い2-2の引き分けに終わる

 セ・リーグは17日、各地で全3試合が行われた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 広島は熊本で行われた巨人戦を5-4で逆転勝ち。連敗を2でストップし、開幕から6カード連続負け越しを阻止した。2点を追う9回に野間、安部の連打でチャンスを作り西川の一ゴロで1点差に迫ると2死三塁から菊池涼のタイムリー二塁打で同点、さらに石原の中前適時打で勝ち越しに成功した。巨人は9回に登板した守護神・クックが誤算だった。

 中日はナゴヤドームでDeNAに3-1で勝利し連勝。3年ぶりに2位タイに浮上した。先発のベテラン山井が6回途中1失点、9奪三振の力投で2勝目。打っては初回に大島の適時打で先制、5回には阿部のタイムリーと平田の犠飛で2点を追加した。DeNAは筒香を欠く打線が中日投手陣を攻略できず4位に転落した。

 ヤクルトは神宮で阪神に延長12回2-2の引き分けに終わった。2点を追う8回1死満塁からバレンティンが2点タイムリーを放ち同点に追いつく。さらに延長10回には無死満塁と絶好のサヨナラ機会を作ったがバレンティンが遊ゴロ併殺に倒れるなど無得点に終わった。その後は両チーム決めてを欠き延長12回で決着はつかなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」