野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルト今季ワースト13失点大敗 田畑C、6失点KOの大下の2軍降格を示唆

ヤクルトは、今季初先発の大下が3回途中6失点と炎上し、5-13で大敗した。

ヤクルト・大下佑馬【写真:荒川祐史】
ヤクルト・大下佑馬【写真:荒川祐史】

田畑投手コーチ「ファームで鍛えなおしてもらう」

■阪神 13-5 ヤクルト(18日・神宮)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ヤクルトは、今季初先発の大下が3回途中6失点と炎上し、5-13で大敗した。

 18日、本拠地・神宮球場での阪神戦。リリーフから先発に回った右腕は初回にいきなり大山に3ランを浴びると、3回にも2打席連続アーチを食らい、6失点。2回1/3、73球で降板した。

 ルーキーイヤーの昨季は先発を2回経験したが、白星はなし。日本ハムから移籍した高梨が再調整で抹消され、11日の広島戦で初勝利を挙げた寺原も体調不良で抹消。急遽ローテの再編に迫られ、今季初先発のチャンスが巡ってきた。

 中継ぎで7試合に登板し、防御率0.96と好投していた大下に代役を託したが、期待を裏切る結果に。「力不足ということ。中継ぎに迷惑をかけた。こういうチャンスをもらったのに、つかまないといけない。情けない」と大下。田畑投手コーチは「見ての通り。ボール自体も含めて、チャンスをもらったということが感じられない。ファームで鍛え直してもらう」と2軍降格を示唆していた。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」