野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

燕新助っ人スアレス、復帰戦153キロ!「もっと速い球を投げられる」

下半身のコンディション不良で2軍スタートとなっていたヤクルトの新外国人、アルバート・スアレス投手が19日、イースタン・日本ハム戦(戸田)で実戦復帰。4回5安打2失点に抑え、最速153キロをマークした。

ヤクルトのアルバート・スアレス【写真:荒川祐史】
ヤクルトのアルバート・スアレス【写真:荒川祐史】

イースタン・日本ハム戦で先発し、4回5安打2失点「コンディションは非常にいい」

 下半身のコンディション不良で2軍スタートとなっていたヤクルトの新外国人、アルバート・スアレス投手が19日、イースタン・日本ハム戦(戸田)で実戦復帰。4回5安打2失点に抑え、最速153キロをマークした。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 パワフルな復帰戦となった。スアレスは初回、150キロ超の剛速球を連発させて3者凡退。3回は万波の左翼線二塁打などで1死満塁のピンチを招いて併殺崩れの間に1失点。4回2死二塁から野村の左翼線適時二塁打を浴びたものの、最速153キロの直球には力強さを感じさせた。

 春季キャンプから体重を4、5キロ落とし、体重121、122キロに減量したという。「コンディションは非常に良くなっている。キャンプから体重を落として、体が軽い。次の先発も今より速い球を投げる自信はある」。カットボール、チェンジアップ、カーブを交えて、4回64球、3奪三振1四球、5安打2失点。「(1軍へは)いつでもいけます」。チームは27日の広島戦(神宮)から12連戦が控えている。最速158キロを誇る先発右腕の復帰は首位を走るチームの朗報となったに違いない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」