野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹、来日初先発のスアレスが大炎上 6安打6失点で3回もたずKO

ソフトバンクのロベルト・スアレス投手が来日初先発で大炎上を喫した。20日、敵地メットライフドームでの西武戦。故障で登録抹消となったミランダの代役として登板したが、3回途中6安打6失点と崩れてノックアウトされた。

来日初先発したロベルト・スアレス【画像:(C)PLM】
来日初先発したロベルト・スアレス【画像:(C)PLM】

2回に四球で走者を溜め、大量5点を失う

■西武 – ソフトバンク(20日・メットライフ)

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクのロベルト・スアレス投手が来日初先発で大炎上を喫した。20日、敵地メットライフドームでの西武戦。故障で登録抹消となったミランダの代役として登板したが、3回途中6安打6失点と崩れてノックアウトされた。

 初回は無失点で立ち上がったスアレスだったが、2回に山賊打線の餌食となった。先頭の山川に左前安打を許すと、森、栗山に四球を与えて満塁に。木村に走者一掃の適時三塁打を浴びると、金子侑、源田にも連続適時打を許し、この回大量5点を失った。

 3回もマウンドに上がったが、先頭の山川に左翼スタンドへの7号ソロを被弾。さらに続く森に四球を与えたところで、ベンチもたまらず“タオル”を投入した。2016年に中継ぎとして最速161キロをマークし、58試合で26ホールドをマークしたスアレス。2017年に右肘のトミー・ジョン手術を受け、今季は先発に転向となっていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」