野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • リーグトップタイ3勝目も…反省忘れない広島床田「ああいう四球は一番ダメ」

リーグトップタイ3勝目も…反省忘れない広島床田「ああいう四球は一番ダメ」

20日のDeNA戦に先発した広島の床田が、リーグトップに並ぶ今季3勝目をマークした。

広島・床田寛樹【写真:荒川祐史】
広島・床田寛樹【写真:荒川祐史】

7回1失点8Kの快投、野手にも感謝「勝ちが付くのはやっぱり嬉しい」

■広島 9-2 DeNA(20日・マツダスタジアム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 20日のDeNA戦に先発した広島の床田が、リーグトップに並ぶ今季3勝目をマークした。

 7回を投げて被安打5、8奪三振。失点は筒香に打たれた本塁打の1点のみに抑え、床田は「立ち上がりはあまり良くなかった。それでもスライダーと真っ直ぐのコントロールが良かったので、組み立てができた」と笑顔を見せた。

 3回には無死から連続安打を打たれてピンチを迎えたが、「点を取られたくなかったので、開き直って投げた」と桑原、ソト、筒香を3者連続三振に打ち取った。緒方監督も「ナイスピッチングだった」と称賛した投球内容だったが、「握力が落ちてきた」という7回には2死から代打・中井へ四球を与え、続く神里にも初球ボールで内野手がマウンドに集まった。

 床田は「會澤さんにどこか痛いのか、と聞かれたので大丈夫です、と答えた。点差があるので、バッターだけでいいと言われて、もっと集中しないといけないと思った。ああいう四球は一番ダメなことなので、次に生かしたい」と反省も忘れなかった。

 チームの先発陣になかなか勝ち星がつかない中、3連勝でリーグトップタイに。床田は「野手の方がいつも点を取ってくれている。たまたま僕の時にそうなっていると思うが、勝ちが付くのはやっぱり嬉しい」と喜んだ。

 ルーキーイヤーから開幕ローテ入りしながら、ひじの故障でトミー・ジョン手術を受け、約1年間のリハビリを経て復帰した床田。リーグ3連覇中には薮田や野村、大瀬良など大ブレークしたタイトルホルダーがいたが、今年はこの男の番かもしれない。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」