野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹、今季最多16点で大勝 周東初本塁打4打点&三森は猛打賞で“初物尽くし”

ソフトバンクが今季最多の16得点を奪って大勝した。21日、敵地メットライフドームでの西武戦。プロ初スタメンとなった周東、三森の2人が活躍するなど、打線が大爆発した。

3ラン本塁打を放ったソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】
3ラン本塁打を放ったソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】

西武は高橋光6失点、高木勇5失点と投手陣が大炎上

■ソフトバンク 16-5 西武(21日・メットライフ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクが今季最多の16得点を奪って大勝した。21日、敵地メットライフドームでの西武戦。プロ初スタメンとなった周東、三森の2人が活躍するなど、打線が大爆発した。

 3回先頭の甲斐が2号ソロを放って先制すると、続く三森が右前へプロ初安打。4回には1死一、二塁で再び甲斐が中堅へのエンタイトル二塁打を放って追加点。さらに三森が適時内野安打で、周東はスクイズでプロ初打点をあげ、この回5点のビッグイニングを作った。

 さらに5回には2軍でも0本塁打だった周東がプロ初安打初本塁打となる3ランをマークするなど、2イニング連続で5得点のビッグイニング。ともにプロ初スタメンだった周東はこの日プロ初安打初本塁打初打点の1安打4打点、三森はプロ初安打初打点初盗塁初猛打賞の3安打1打点と大活躍し、チームの連勝に貢献した。

 先発の高橋礼は制球に苦しみ、6四球を与えたが、5回2安打2失点。味方打線の大量援護にも守られて、4試合目の先発で4勝目をマークした。

 西武は先発の高橋光が大誤算。3回に先制を許すと、4回に大量5点を奪われて4回7安打6失点でノックアウトされた。2番手の高木勇も1イニングで5失点し、投手陣が試合をぶち壊した。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」