野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤンキース、主砲ジャッジIL入りで13人目の離脱 ブーン監督「とても重大だ」

ヤンキース、主砲ジャッジIL入りで13人目の離脱 ブーン監督「とても重大だ」

ヤンキースは21日(日本時間22日)、アーロン・ジャッジ外野手が10日間の負傷者リスト(IL)に入ったことを発表した。ジャッジは20日(同21日)のロイヤルズ戦で「左腹斜筋」を痛め途中交代していた。

ロイヤルズ戦で途中交代したヤンキースのアーロン・ジャッジ(右)【写真:Getty Images】
ロイヤルズ戦で途中交代したヤンキースのアーロン・ジャッジ(右)【写真:Getty Images】

ジャッジは20日のロイヤルズ戦で左脇腹を痛め途中交代していた

■ヤンキース 7-6 ロイヤルズ(日本時間22日・ニューヨーク)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ヤンキースは21日(日本時間22日)、アーロン・ジャッジ外野手が10日間の負傷者リスト(IL)に入ったことを発表した。ジャッジは20日(同21日)のロイヤルズ戦で「左腹斜筋」を痛め途中交代していた。

 ヤンキース球団公式サイトは「ジャッジが“重大な”腹斜筋の張りでIL入り」と見出しを付け、ジャッジのIL入りを伝えた。これに伴い3Aスクラントンからタイロ・エストラーダ外野手を昇格させた。

 記事ではアーロン・ブーン監督のコメントも紹介しており、ジャッジのIL入りについて「とても重大だ」と語っている。復帰のメドは立っていないという。これでヤンキースはヒックス、サンチェス、アンドゥハーら13人がIL入りする緊急事態となっている。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」