野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • プロ野球、18年引退&戦力外の進路調査結果発表 NPB関連が半数超え、一般企業は…

プロ野球、18年引退&戦力外の進路調査結果発表 NPB関連が半数超え、一般企業は…

日本野球機構(NPB)は22日、2018年に戦力外となり現役を引退した選手の進路調査結果を発表した。

昨年の12球団合同トライアウトの様子【写真:福谷佑介】
昨年の12球団合同トライアウトの様子【写真:福谷佑介】

136人を対象に調査、NPB関係に進んだ選手は過去4年では初めて半数超え

 日本野球機構(NPB)は22日、2018年に戦力外となり現役を引退した選手の進路調査結果を発表した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 計136人(外国人選手ならびに同一球団内で育成選手再契約締結選手を除く)の平均年齢は29.2歳、平均在籍年数は8.3年で他球団との選手契約、育成契約、監督、コーチ契約、チームスタッフなどNPB関係に進んだのは55.2%(75人)だった。

 また、独立リーグ、社会人野球、学生野球指導者など、その他野球関係は21.3%(29人)。野球関係以外の一般企業、自営、進学などは23.5%(32人)だった。

 過去4年をみればNPB関係に進んだ選手が初めて半数を超え、野球関係以外に進んだ選手は最低の数字となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」