野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ・レイビンが“デビュー戦“で154キロ 井口監督は期待「投手陣に厚み出る」

度重なる故障の影響で、実戦登板が遅れていたロッテの新外国人ジョシュ・レイビン投手が23日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われたイースタン・リーグの巨人戦の9回に登板。3者凡退の“日本デビュー”を飾った。

ロッテのジョシュ・レイビン【写真:荒川祐史】
ロッテのジョシュ・レイビン【写真:荒川祐史】

守護神候補が2軍戦で初登板「投げていけばスピートは上がっていく」

 度重なる故障の影響で、実戦登板が遅れていたロッテの新外国人ジョシュ・レイビン投手が23日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われたイースタン・リーグの巨人戦の9回に登板。3者凡退の“日本デビュー”を飾った。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季、ロッテの守護神候補として来日した男が、ファンの前に初お目見えした。日本初登板に「ちょっと緊張した」というレイビンだったが、マウンド上の姿から、そんな様子は微塵も感じさせなかった。

 先頭打者・宇佐見には、力強い直球を低めへ2球続けて左飛。続く田中貴は、初球の153キロの直球が外れた後、「ストライクを取るため」という小さな曲がりのスライダーを内角低めへ投じて空振りを奪う。そして、3球目に再び内角高め152キロの鋭い直球を打たせて中飛。両打ちのマルティネスには、「空振りを取るため」に投じる大きく曲がるスライダーも駆使して右飛。日本デビュー戦を3者凡退、10球で終えた。

 昨年6月の試合で顔面に打球を受け、現在も右頬付近にプレートと5本のボルトが入っていることを明かしたレイビン。そのアクシデント以来となる実戦登板となったが、「ここのマウンドで1年ぶりに投げられたことが、一番良かったです」と、まずは実戦で投げられたことを喜んだ。

「シーズンが進んでいけば、スプリットを投げるかもしれないが、今日は(変化球は)スライダーのみ。ストライクを取ることに専念しました。球速はマウンドで投げていけば、自ずとスピートは上がっていくと思います」

 最速154キロだった直球の球速は、まだまだ上がる見込みだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」