野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

もう少しでマリン場外弾…西武山川、パ単独トップ9号は推定145Mの超特大弾

西武・山川穂高内野手が24日のロッテ戦(ZOZOマリン)で先制の9号ソロを放った。

超特大の9号ホームランを放った西武・山川穂高【画像:(C)PLM】
超特大の9号ホームランを放った西武・山川穂高【画像:(C)PLM】

高く上がりすぎたためロッテ井口監督がリクエストも…判定どおりホームランに

■ロッテ – 西武(24日・ZOZOマリン)

【PR】“2020主役は誰だ?”「キャンプキャラバン」を配信中! プロ野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武・山川穂高内野手が24日のロッテ戦(ZOZOマリン)で先制の9号ソロを放った。

 0-0の2回先頭で打席に入った山川。ロッテ先発の岩下が投じた高めのストレートを一振りでスタンドに運んだ。高々と伸びた打球はレフトスタンド上段の照明器具に当たり、その飛距離は推定145メートル。もう少しで場外弾という超特大の一発だった。

 三塁塁審がホームランと判断したが、高く上がりすぎたためロッテ井口監督がすぐさまリクエスト。リプレー検証の間は「ホームランになってくれ」と願ったという山川の願望通り、判定は覆らずそのままホームランに。早くも今季9発目。試合前までの本塁打ランキングで並んでいたロッテ・レアードを抜き、単独1位に浮上した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」