外野手が本塁打“アシスト” 珍プレーへの投手のリアクションが「王道」と話題!?

マリナーズのマレックス・スミスがジャンピングキャッチを試みるも...【写真:Getty Images】
マリナーズのマレックス・スミスがジャンピングキャッチを試みるも…【写真:Getty Images】

マリナーズのスミスが珍プレー、MLB公式が動画公開「予定になかった…」

 マリナーズのマレックス・スミス外野手が相手のホームランをアシストする“珍プレー”を見せた。フェンス際への大飛球はわずかに飛距離が足りなかったが、ジャンピングキャッチを試みたスミスが見事にもう“一押し”。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」がこの映像を公開すると、ファンからは呆れたコメントが寄せられている。

 23日(日本時間24日)の敵地パドレス戦。2-4とマリナーズ2点ビハインドで迎えた6回2死二塁の場面で、パドレスのヘッジスの大飛球がセンターに飛んだ。俊足のスミスが背走し、絶妙なタイミングでジャンプ。打球はグラブに収まったかに見えたが……。大きく弾んで、なんとフェンスの反対側に。ホームランを“献上”したスミスは倒れ込んで頭を抱えた。

 一方、打者のヘッジスはベースを周りながら笑顔。打たれたギアリンは一瞬喜びかけた後、悲劇的な結末を見届けて呆然と立ち尽くした。マリナーズはこの失点が響いて3-6で敗れた。

「Cut4」は公式ツイッターで「これは予定になかった……」と動画を公開。先日、カージナルスのファウラーが似たようなプレーで相手にホームランを献上したばかりだったが、ファンはコメント欄で「もう今年何度も起こってる」「今月もう3回くらい起こっている……」「ピッチャーのリアクションが王道」と反応。

 さらに、ホセ・カンセコの頭に打球が当たってスタンドインした伝説的な珍プレーと重ね合わせ「ボールがホセ・カンセコの頭に跳ね返った時と同じくらい最高」「カンセコのホームランになったボールより全く悪くない。彼は頭蓋骨で跳ね返した……」「あらら! 少なくとも頭に当たって入ったんじゃないね」といった声も上がった。

 敗れたマリナーズにとってはあまりにも“痛い”プレーとなってしまった。

【動画】スミスがジャンプ→グラブで弾んでフェンス越え→そのとき投手は…「王道のリアクション」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY