野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ岩下、西武山川に2被弾も…井口監督が「それは全然いい」と評価したワケ

直球中心に強気の投球でここ2試合好投していたロッテ・岩下大輝投手が24日の西武戦に先発。豪打でならす西武の「獅子おどし打線」との今季初対決となったが、2回に先頭の4番・山川に左翼外壁最上段直撃の9号ソロを浴びると、9番・木村にも適時打を許して2失点。続く3回にも1死一塁から山川に2打席連続となる10号2ランを浴び、序盤で4点を失って今季初黒星を喫した。

ロッテ・岩下大輝【写真:荒川祐史】
ロッテ・岩下大輝【写真:荒川祐史】

序盤で4点を失って今季初黒星、山川には超特大弾を浴びるも…

■西武 4-1 ロッテ(24日・ZOZOマリン)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 直球中心に強気の投球でここ2試合好投していたロッテ・岩下大輝投手が24日の西武戦に先発。豪打でならす西武の「獅子おどし打線」との今季初対決となったが、2回に先頭の4番・山川に左翼外壁最上段直撃の9号ソロを浴びると、9番・木村にも適時打を許して2失点。続く3回にも1死一塁から山川に2打席連続となる10号2ランを浴び、序盤で4点を失って今季初黒星を喫した。

「今回はうまく入っていけた」という初回を3者凡退で終え、迎えた2回。初球の内角高め直球と2球目の外角低め直球がともに外れ、カウントを悪くしたところで「高さがダメ」と、岩下自身が振り返った外角高めの直球をはじき返され、ZOZOマリン左翼席外壁の最上段を越えようかという、特大の一発で先制された。

 続く3回、四球の走者を一塁に置き、山川とこの日2度目の対決を迎えた。「ボール球。あわよくばファールをとりたかった」という内角低めへ投じるはずの直球が真ん中へ入ると、昨年の本塁打王にその甘いボールを逃さず捉えられ、再び左翼スタンドへものの見事に運ばれてしまい「ボール球を投げようという意識がちょっと低かった」と反省した。

 この日の山川との対決はもう1打席あった。4回、5回を3者凡退に抑えて迎えた6回。先頭打者で打席に迎え、ストレートの四球を与えた。強気が信条の岩下だが、2打席の本塁打で気圧された部分はあったのか。

「もちろん、打ち取る気でいました」。気持ちの部分では、あくまで攻める投球姿勢は変わらない。ではなぜ外角中心の配球でストレートの四球を与えたのか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」