野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム金子が4回1失点で降板、2番手には“お馴染み”の左腕・加藤

日本ハムの金子弌大投手が25日、本拠地での楽天戦に先発し4回4安打1失点で降板。球数は70球だった。2番手には加藤貴之投手がマウンドに上がった。

日本ハム・金子弌大【写真:荒川祐史】
日本ハム・金子弌大【写真:荒川祐史】

球数70球、4回4安打1失点で降板した日本ハムの金子

■日本ハム – 楽天(25日・札幌ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの金子弌大投手が25日、本拠地での楽天戦に先発し4回4安打1失点で降板。球数は70球だった。2番手には加藤貴之投手がマウンドに上がった。

 金子は走者を出しながらも3回まで楽天打線を無失点に抑えていたが4回。1死から銀次、ブラッシュに連打を浴び一、三塁のピンチを背負うと続く足立のスクイズで1点を失った。

 金子は5回もマウンドに上がるそぶりを見せていたが、栗山監督はここで2番手・加藤にスイッチ。今シーズンは中継ぎも経験するなど、この試合を含め6試合に登板し3試合に先発している金子。栗山監督は金子-左腕・加藤と“お馴染み”コンビの起用が続いている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」