野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元鷹・吉村も在籍した「アジアンブリーズ」米国で取り組んだ壮大な挑戦とは?

2月21日から約1か月間、米国での試合を通じてプロ契約を目指した「アジアンブリーズ」。日本ではなく、異国を舞台に戦ったチームはどのような存在なのだろうか。

「アジアンブリーズ」に参加していた吉村裕基(右)と創設者である色川冬馬氏【写真:豊川遼】
「アジアンブリーズ」に参加していた吉村裕基(右)と創設者である色川冬馬氏【写真:豊川遼】

「アジアンブリーズ」にはオランダリーグ行きが決まった吉村裕基も在籍

 2月21日から約1か月間、米国での試合を通じてプロ契約を目指した「アジアンブリーズ」。日本ではなく、異国を舞台に戦ったチームはどのような存在なのだろうか。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 アジアンブリーズではレンジャーズやドジャースといったMLBのマイナーチームやメキシカンリーグチームなどと対戦し、スカウトの前で個々の力を発揮する機会が用意された。在籍した選手にはNPB経験者や日本独立リーグでプレーした者だけではなく、キューバや香港、フィンランドから来た者もいた。

 先日、オランダリーグの「オースターハウトツインズ」への入団が報じられた吉村裕基選手も3月中に短期間ながらアジアンブリーズに合流。出場したレンジャーズ戦では2安打2打点の活躍で自慢の打撃をアピールした。

 選手の経歴だけではなく、国籍も違うまさに十人十色の多国籍軍として共に時間を過ごした選手達。果たしてプロ契約を勝ち取ることはできたのだろうか。4月中旬時点で7人の選手が新たにプレー機会を得て、日米の独立リーグやオランダリーグでユニホームを着ることが決まっている。

 こうして異国の地での試合を通じてプロ契約者を輩出したアジアンブリーズ。なぜこのチームが生まれたのか。創設者である色川冬馬氏は現役時代に米国独立リーグでプレーし、指導者としてもイランやパキスタン、香港で代表監督を務めた経験をもつ。色川氏は自身の経験を踏まえ2つ理由を挙げた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」