「あれこそ自分の知るダルビッシュ」―2勝目&初QS達成の“復活”快投に地元ファン歓喜

ダイヤモンドバックス戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
ダイヤモンドバックス戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

序盤苦しむも6回2安打1失点8Kの快投「見ていて気持ちよかった」

■カブス 9-1 Dバックス(日本時間28日・アリゾナ)

 カブスのダルビッシュ有投手が27日(日本時間28日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に先発し、6回2安打1失点の力投で今季初のクオリティ・スタート(QS、6回以上を投げ自責3以下)を達成。チームを9-1の勝利に導き、今季2勝目(3敗)を挙げた。復活を告げる力投に、カブスファンもSNS上で「あれこそが自分の知るユウ・ダルビッシュ」と喜びを爆発させている。

 初回にいきなり四死球絡みで1死満塁の大ピンチを迎えるなど、2回までに56球も要したダルビッシュ。しかし、3回に打線が一挙5点を奪うと、見事に立ち直った。6回先頭のペラルタにソロ弾を浴びたが、失点はこれだけ。圧巻の4者連続を含む8奪三振を記録するなど、大量リードに守られながらも110球の力投を見せた。

 昨季、6年総額1億2600万ドル(約140億6000万円)のメガディールでシカゴにやってきたダルビッシュだが、1年目は故障で離脱を余儀なくされ、今季も苦しい序盤戦となっていた。ダルビッシュが6イニング以上投げたのは、昨年5月20日の敵地レッズ戦以来。待望の今季初QSを達成した右腕に、辛口だったカブスファンもツイッターで称賛している。

「あれこそが自分の知るユウ・ダルビッシュ。どんどん前進してください」

「今夜のダルビッシュの修正に評価したい。あそこまで持つとは思わなかったが、素晴らしい修正を見せた。6回好投とクオリティ・スタート。最高の仕事だ」

「ユウ・ダルビッシュが堅実な6イニングと100球以上を記録。ナイスな好投。進歩したね。見ていて気持ちよかった」

「ユウ・ダルビッシュがクオリティ・スタート!!! あそこから落ち着くなんて凄まじいが、大量得点リードまで自分は落ち着かなかった」

「偉大な働きだよ、ユウ・ダルビッシュ!!!!」

「ユウ・ダルビッシュは今夜素晴らしかった」

「今夜、ユウ・ダルビッシュが輝ける先発登板」

「ユウ・ダルビッシュがクオリティ・スタート。行くぞ!!!」

「今夜ユウ・ダルビッシュが最高の先発登板。この言葉を覚えていてほしい。この試合が彼のターニングポイントになると。かつてのユウが戻ってくるぞ」

「盛り上がれ、カブスファン。ユウ・ダルビッシュがクオリティ・スタートだ」

 序盤の苦難に崩れず、力投を見せたダルビッシュに、シカゴのファンも称賛モードだった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY