野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリK-鈴木見殺し…近藤、山崎福が1回6四球の大乱調で逆転負け 西武は4連勝

西武は28日、敵地でのオリックス戦を4-2で勝利し4連勝。2点を追う8回に6四球に栗山の適時打などで一挙4点を奪い逆転に成功した。オリックスはK-鈴木が7回無失点の好投を見せたが救援陣が大乱調でチームは3連敗となった。

7回無失点と好投したオリックス・K-鈴木【画像:(C)PLM】
7回無失点と好投したオリックス・K-鈴木【画像:(C)PLM】

先発のK-鈴木は7回無失点の好投も8回に救援陣が逆転許しプロ初勝利消滅

■西武 4-2 オリックス(28日・京セラドーム)

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 西武は28日、敵地でのオリックス戦を4-2で勝利し4連勝。2点を追う8回に6四球に栗山の適時打などで一挙4点を奪い逆転に成功した。オリックスはK-鈴木が7回無失点の好投を見せたが救援陣が大乱調でチームは3連敗となった。

 先手を取ったのはオリックス。初回にメネセスの左前適時打、3回には小島の左前タイムリーで2点をリードする。今季初登板初先発のK-鈴木は最速150キロの直球とスライダー、フォークを武器に7回5安打無失点の好投を見せた。

 それでも西武は8回。2番手で登板した近藤から3四球を選び1死満塁とすると山川が押し出し四球で1点を返す。さらに代わった3番手・山崎福から森も押し出し四球を選び同点に追いつくと2死満塁から栗山が右前適時打を放ち勝ち越しに成功。続く中村も押し出し四球を選びこの回一挙4点を奪い逆転に成功した。

 8回をヒース、9回は増田が締めオリックスの反撃を封じた。先発の今井は7回8安打2失点の粘投で3勝目を挙げチームは4連勝を飾った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」