野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ宮内オーナー、“6四球逆転負け”で首脳陣を批判 「投手を出すほうが悪い」

オリックスは28日、本拠地で行われた西武戦を2-4で逆転負け。8回から登板した近藤、山崎福が1イニング6四球の大乱調。観戦に訪れた宮内義彦オーナーは「色んな逆転劇を見てきたが、今日みたいのは滅多にない酷い試合」と怒り心頭だった。

オリックス・西村監督【写真:荒川祐史】
オリックス・西村監督【写真:荒川祐史】

2点リードの8回に近藤、山崎福が計6四球を許し逆転負け

 オリックスは28日、本拠地で行われた西武戦を2-4で逆転負け。8回から登板した近藤、山崎福が1イニング6四球の大乱調。観戦に訪れた宮内義彦オーナーは「色んな逆転劇を見てきたが、今日みたいのは滅多にない酷い試合」と怒り心頭だった。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 今季初登板のK-鈴木は7回5安打無失点の力投でプロ初勝利の権利を持って降板。2点リードの8回から2番手で登板した近藤が4四球を許し同点に追い付かれると、3番手・山崎福も2四球に勝ち越しタイムリーを浴び一挙4失点で逆転を許した。

 宮内オーナーは試合終了を待たずに席を立つと先発のK-鈴木を称賛したが「それを潰すのが得意なんだようちは。何試合潰してきたか」と自虐気味に笑った。だが、救援陣の話になると一変、普段は温厚な総帥がまくし立てた。

「色んな逆転劇を見てきたが今日みたいなのは滅多にない。酷い試合。ストライクが入らないんだから。勝負できない投手を出すほうが悪い。ブルペンは何を見てるんだ」

 近藤、山崎福の不甲斐ない投球にも怒りを口にしたが、怒りの矛先は首脳陣にまで広がった。さらに怒りは収まらず「そんなおかしなバカな話があるか? 打たれる方もしんどいけど、見てる方もしんどい」と語り、最後は不敵な笑みを浮かべ球場を後にした。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」