復活2勝目ダルビッシュを新女房役が絶賛「これがメジャーが目撃してきたユウ」

今季2勝目を挙げたカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
今季2勝目を挙げたカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

敵地ダイヤモンドバックス戦で6回2安打1失点 今季初QSで2勝目を挙げた

■カブス 9-1 Dバックス(日本時間28日・アリゾナ)

 カブスのダルビッシュ有投手が27日(日本時間28日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に先発し、6回2安打1失点の力投で今季初のクオリティ・スタート(QS、6回以上を投げ自責3以下)を達成。チームを9-1の勝利に導き、今季2勝目(3敗)を挙げた。この日初めてダルビッシュの女房役を務めたテイラー・デービス捕手は「これがメジャーが目撃してきたユウ」と本領発揮を認めている。米スポーツ局「ESPN」が報じている。

 2回まで制球に苦しみ、56球と球数のかさんだダルビッシュ。3回に3者連続三振に仕留めると本来の躍動感が戻った。110球の力投を評価したのはメジャー3年目のデービスだった。

「あれがこそみんなが目撃してきたユウ。今後の彼のキャリアでも、今日のようなユウの姿を見続けていければいいね」

 デービスはこう語ったという。正捕手のウィルソン・コントレラスの代わりに今季初出場を果たしたデービスはメジャー15試合目の出場だったが、序盤に四死球で大荒れの船出だったダルビッシュを好リード。凄まじい変化を見せる変化球を、体を張ってブロック。3回以降は切れ味抜群のスプリットを効果的に織り交ぜるなどダイヤモンドバックス打線を寄せ付けなかった。

「3回以降は凄まじいパフォーマンスだったと思うよ」とデービスは絶賛。ジョー・マドン監督も「ストライクゾーンの感覚をつかみ始めていた。彼は調子よく投げていた。自信も得ていた」と絶賛していた。昨季故障に苦しんでいた日本人右腕をチームメートも絶賛。ついに完全復活の狼煙を上げようとしている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY