野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「近ちゃんが神様に見えた」ヤクルト青木が救援投手・近藤に感謝のハグ

ちょっと心温まる場面がヤクルトの試合であった。28日の広島戦(神宮)の8回表。広島菊池の中堅への飛球を名手・青木がグラブに当てて落球してしまったのだ。あまり見たことのない光景にどよめいた。

ヤクルト・近藤一樹(左)と 青木宣親【写真:荒川祐史】
ヤクルト・近藤一樹(左)と 青木宣親【写真:荒川祐史】

弘法も筆の誤り?試合後は8回の失策を自ら切り出し「少し動揺してしまいました」

■ヤクルト 4-2 広島(28日・神宮)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ちょっと心温まる場面がヤクルトの試合であった。

 28日の広島戦(神宮)の8回表。広島菊池の中堅への飛球を名手・青木がグラブに当てて落球してしまったのだ。あまり見たことのない光景にどよめいた。

 相手は8連勝と勢いのある広島。前の回にジワリと2点差に迫られ、流れが傾いてもおかしくない場面だった。無死二塁のピンチとなった。しかし、マウンド上の3番手・近藤が長野を三ゴロ。ここまで3安打の鈴木は四球だったが、會澤、安部を連続三振に仕留めた。中堅から見つめていた青木は「近ちゃん(近藤)が神様に見えました」と3アウト後、ベンチ前で一礼して、ありがとう、とハグをした。

 試合後、3回の大きな一打となった技ありの5号ソロのことなど、バッティングの質問に答えていた青木だったが「今日はちょっと守備で……」と失点には絡んでいないものの、自らの失策のことを切り出した。

「ちょっと、自分もあの後、動揺していました。どう立て直せばいいのか。今もまだちょっと変な感じです…」とスタンドのファンだけでなく、本人も動揺していたという。その気持ちを少し和らげたのが必死で投げた近藤の無失点救援だったのだろう。「本当にありがとう」と改めて感謝の思いを口にした。

 青木はこの日、3安打をマークするなど、出塁をし続けた。打率も.337と上昇。2番に座っているが、1番打者のような役割もすれば、本塁打を放ったようにクリーンナップのような働きもできる。7回先頭で二塁打で出塁し、塁上にいた時、6番の荒木がファウルを7球放ち、全12球粘るたび(結果は遊飛)に小刻みすべてスタートを切っていた。次に入る1点が大きいから、いいスタートを切る意識があった。攻撃でも走者でも、常に全力だった。そんな懸命なプレーをし続けた直後に起きた、見たことのないような失策。このワンプレーを誰が責めるだろうか。ファンだって、近藤とのハグを見せられたら、気持ち的に許せるのではないだろか。

 青木は申し訳なさそうに自分を責めていたが、「弘法も筆の誤り」という言葉がある。好調なバットと発揮している高いリーダーシップによるチーム貢献度を考えれば、こういう時もある、これも野球と割り切れる。ただ、責任感の強い選手だから、それを帳消しにするようなパフォーマンスで今後も魅了してくれるだろう。

(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」