野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ「仰木デー」で1996年生まれドラ7中川が同点適時打 日本一ユニ「72」着用

オリックスのドラフト7位ルーキー・中川圭太内野手が29日、本拠地での西武戦で同点タイムリーを放った。

2回に同点タイムリーを放ったオリックス・中川圭太【画像:(C)PLM】
2回に同点タイムリーを放ったオリックス・中川圭太【画像:(C)PLM】

1996年、日本一に導いた仰木彬元監督の生誕日、背番号「72」を付けプレー

■オリックス – 西武(29日・京セラドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスのドラフト7位ルーキー・中川圭太内野手が29日、本拠地での西武戦で同点タイムリーを放った。

 2点を追う4回。2死一、三塁から西武十亀が投じた135キロの内角シュートを強振。打球は三塁線を破る2点タイムリー二塁打となった。

 この日は1996年にリーグ連覇、日本一に導いた故・仰木彬元監督の生誕日で「THE MAGIC AKIRA OHGI DAY」と題し全員が背番号「72」を背負い試合を行っている。

 奇しくも1996年4月12日生まれの中川が貴重な同点タイムリーを放った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」