野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【幕張の涼風~M☆Splash!!通信】笑顔が愛くるしい“新人”は習志野高バトン部OG

今季「マウエ↑」をチームスローガンに掲げ、9年ぶりの日本一を目指す千葉ロッテマリーンズ。本拠地のZOZOマリンスタジアムで繰り広げられる真剣勝負に華を添えているのが、チアパフォーマー「M☆Splash!!」だ。結成16年目を迎える今シーズンは、フレッシュな新人7人を加えた19人のメンバーが元気いっぱいのパフォーマンスで球場を盛り上げている。「Full-Count」では、魅力溢れる「M☆Splash!!」メンバーを定期的にご紹介。記念すべき第1回は、ルーキーの「YUNA(ゆうな)」さんだ。

M☆Splash1年目のYUNA(ユウナ)さん【写真:佐藤直子】
M☆Splash1年目のYUNA(ユウナ)さん【写真:佐藤直子】

マリーンズダンスアカデミー出身YUNAさん「お客さんがいればいるほど気持ちが上がる」

 今季「マウエ↑」をチームスローガンに掲げ、9年ぶりの日本一を目指す千葉ロッテマリーンズ。本拠地のZOZOマリンスタジアムで繰り広げられる真剣勝負に華を添えているのが、チアパフォーマー「M☆Splash!!」だ。結成16年目を迎える今シーズンは、フレッシュな新人7人を加えた19人のメンバーが元気いっぱいのパフォーマンスで球場を盛り上げている。「Full-Count」では、魅力溢れる「M☆Splash!!」メンバーを定期的にご紹介。記念すべき第1回は、ルーキーの「YUNA(ゆうな)」さんだ。

 活動を始めて、まだ2か月足らずのYUNAさん。だが、実はマリンスタジアムで踊るのは、これが初めての体験ではない。

「小学2年生の時、球場にマリーンズを応援しに来た日が、たまたまマリーンズ・ダンスアカデミーの募集締め切り日だったんですね。親から聞くと、私はテレビを見ながら真似して踊るのが好きな子どもだったみたいで、『じゃ、入ってみようか』と始めたのがきっかけで、小学2年生から中学3年生で高校受験する前までは毎週マリンスタジアムに通ってダンスをしていました」

 当時から「M☆Splash!!」入りを目指していたのかと思いきや、「全く思っていなかったです。憧れというか、雲の上の存在だったので」と完全否定。今回応募した時も合格するとは思わず、「またマリンスタジアムで踊りたいな」という気持ちだけだった。蓋を開ければ、トントン拍子で最終選考の公開オーディションへ。そこで初めて、家族や友達にも応募していることを打ち明けたという。

「みんなビックリしてました(笑)。でも、公開オーディションには、これまでチアを一緒にやっていたメンバーや先輩が見に来て下さりました。当日は2階席や3階席にもお客さんがいる中で自分がステージに立てるなんて楽しくなっちゃって、あのオーディションは本当に100%できたなって思います。審査員の方だけだと、逆に緊張しちゃって(笑)。小学2年生からダンスアカデミーの一員として、満員御礼の土日の球場で踊ることもあったので、久々にたくさんの人の前で踊れて楽しい気持ちでいっぱいでした。お客さんがいればいるほど、気持ちが上がるんです」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」