野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

燕山田哲が4度目のトリプル3へ好発進、五十嵐は救援で5勝 3、4月投打5傑【セ編】

平成最後の月が終わった。2019年3、4月度の成績を振り返ろう。

ヤクルト・五十嵐亮太【写真:荒川祐史】
ヤクルト・五十嵐亮太【写真:荒川祐史】

 平成最後の月が終わった。2019年3、4月度の成績を振り返ろう。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

セ・リーグ 2019年3、4月

○チーム成績

1巨人(26試16勝10敗0分 率.615 差–)
2ヤクルト(28試16勝11敗1分 率.593 差0.5)
3中日(26試13勝13敗0分 率.500 差3.0)
4阪神(28試13勝14敗1分 率.481 差3.5)
5広島(27試12勝15敗0分 率.444 差4.5)
6DeNA(27試10勝17敗0分 率.370 差6.5)

 巨人とヤクルトが競り合う。DeNAは10連敗を喫するなど最下位に沈む。

 昨季2018年の同時期は以下の順位だった。

1広島(27試17勝10敗0分 率.630 差–)
2巨人(25試14勝11敗0分 率.560 差2.0)
3DeNA(24試13勝11敗0分 率.542 差0.5)
3阪神(23試11勝12敗0分 率.478 差1.5)
5中日(25試10勝15敗0分 率.400 差2.0)
6ヤクルト(24試9勝15敗0分 率.375 差0.5)

 連覇中だった広島が首位、これを巨人、DeNAが追う展開だった。

【打者5傑】

○安打
1坂本勇人(巨)35
2青木宣親(ヤ)34
3大島洋平(中)33
3京田陽太(中)33
5梅野隆太郎(神)32
5近本光司(神)32

○本塁打
1ソト(De)11
2バレンティン(ヤ)8
2筒香嘉智(De)8
4坂本勇人(巨)7
4山田哲人(ヤ)7
4岡本和真(巨)7

○打点
1バレンティン(ヤ)29
2ソト(De)21
3ビシエド(中)20
4筒香嘉智(De)19
4山田哲人(ヤ)19
4岡本和真(巨)19
4雄平(ヤ)19

○盗塁
1山田哲人(ヤ)9
2大島洋平(中)8
3近本光司(神)5
4京田陽太(中)4
5神里和毅(De)3
5野間峻祥(広)3
5曽根海成(広)3

○打率(規定打席以上)
1坂本勇人(巨).350
2大島洋平(中).344
3梅野隆太郎(神).340
4京田陽太(中).333
4山田哲人(ヤ).333

○RC(Runs Created)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1山田哲人(ヤ)33.47
2坂本勇人(巨)22.62
3青木宣親(ヤ)22.44
4鈴木誠也(広)22.07
5筒香嘉智(De)21.00

 昨年の本塁打王、DeNAソトが11本塁打と今年も好調。ヤクルト山田は7本塁打19打点に加え、9盗塁。4度目のトリプルスリーにむけて好スタート。巨人、坂本勇人は打率トップ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」