野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人菅野が通算1000奪三振、史上148人目 令和初完封へ快投続く

巨人の菅野智之投手が1日、東京ドームでの中日戦で通算1000奪三振を達成した。

巨人・菅野智之【写真:Getty Images】
巨人・菅野智之【写真:Getty Images】

平田から空振り三振で大台到達

■巨人 – 中日(1日・東京ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 巨人戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 巨人の菅野智之投手が1日、東京ドームでの中日戦で通算1000奪三振を達成した。

 2回までに4点の援護をもらった菅野は、中日打線を相手にスコアボードに「0」を並べる快投。初回先頭の渡辺から“令和初奪三振”をマークすると、3回は松井雅、山井から連続三振。4回も京田、大島を連続三振に仕留めた。

 6回は2死から渡辺、京田に連打を浴びたが、大島を空振り三振でピンチ脱出。7回は先頭ビシエドを見逃し三振に仕留めると、平田を空振り三振。これがキャリア通算1000奪三振目となった。

 通算1000奪三振は史上148人目。令和初完封へ向けて快投が続いている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」