野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

危険球退場となった鷹・武田「ウィーラー選手に本当に申し訳ないです」

ソフトバンクの武田翔太投手が、危険球により退場処分を受けた。新元号の令和がスタートした1日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。2回にウィーラーの頭部付近に死球を受け、令和初の危険球退場となった。

ソフトバンク・武田翔太【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・武田翔太【写真:福谷佑介】

2回に真っ直ぐが抜けて頭部への死球に「厳しく投げなければ、と…」

■ソフトバンク – 楽天(1日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの武田翔太投手が、危険球により退場処分を受けた。新元号の令和がスタートした1日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。2回にウィーラーの頭部付近に死球を受け、令和初の危険球退場となった。

 先頭の島内に中前安打を許して迎えたウィーラーの打席。2ボール2ストライクからの真っ直ぐが抜け、ウィーラーの頭部付近に当たる死球となった。ベンチから楽天ナインが飛び出してくる一触即発の空気の中で、敷田球審から危険球退場を宣告された。

 2番手の川原がブラッシュ、オコエに適時打を浴びて、この回3点を先行された。1回0/3で1安打2失点で降板となった武田は降板後、球団を通じて「インコースに厳しく投げなければ、という気持ちが強くなりすぎてしまい、ボールが抜けてしまいました。当ててしまったウィーラー選手に本当に申し訳ないです。先発を任されたのに早い回で降板することになってしまい、チームにも申し訳ないです」とコメントした。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」