野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・武田、令和の“危険球退場“第1号に… ウィーラーの頭部に死球、警告試合に

ソフトバンクの武田翔太投手が、令和の”危険球退場“第1号となってしまった。

ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】

楽天ナインがベンチから飛び出してくるなど、一触即発の空気に…

■ソフトバンク – 楽天(1日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの武田翔太投手が、令和の”危険球退場“第1号となってしまった。

1日、本拠地ヤフオクドームでの楽天戦。2回無死1塁で迎えたウィーラーに対しての5球目だった。2ボール2ストライクから右腕が投じた真っ直ぐはウィーラーの頭部を直撃。敷田球審は即刻、危険球退場を宣告した。

 グラウンドに倒れ込み、ドーム内は騒然。楽天ナインがベンチから飛び出し、一触即発のムード漂い、警告試合が言い渡された。

 武田のあとを受け、緊急登板となった川原がブラッシュに右翼フェンス直撃の適時二塁打、オコエに中前への2点適時打を浴び、3点を先行されたソフトバンク。武田は1回0/3で1安打2失点で降板となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」