野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日ロメロ、5回まで6失点 被弾にイライラ爆発、グラブをマウンドに叩きつける

中日のエンニー・ロメロ投手が2日、敵地での巨人戦に先発し、陽岱鋼に勝ち越し弾を浴びてマウンド上にグラブを叩きつけた。

岡本には“天井直撃タイムリー”、陽岱鋼に勝ち越し被弾で…

■巨人 – 中日(2日・東京ドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 中日のエンニー・ロメロ投手が2日、敵地での巨人戦に先発し、陽岱鋼に勝ち越し弾を浴びてマウンド上にグラブを叩きつけた。

 ロメロは3回まで無失点。すると、4回は打線が3点を先制した。しかし、その裏にゲレーロにソロ弾を浴びると、5回は先頭・炭谷にソロを被弾して1点差に。2四球で2死一、二塁となり岡本は高いフライも打球が天井に直撃。野手の間にポトリと落ちるアンラッキーなヒットとなり、同点とされた。

 そして、続く陽岱鋼には直球を完璧に捉えられ、レフトに2号勝ち越し2ランを被弾。打たれた瞬間に被弾と分かったロメロは、右手のグラブを外して左手でマウンド上に叩きつけた。すぐにグラブを拾ったものの、不運もあって5回までに6失点と炎上し、イライラが爆発する形となってしまった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」