野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス工藤監督、大竹の“スミ1”今季初勝利に「良かったですね~何よりです」

ソフトバンクが初回に挙げた1点を守り抜いた。先発の大竹耕太郎投手は7回4安打無失点。5試合連続のハイクオリティスタートで、ようやく今季初勝利を挙げた。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

大竹は今季5試合目の登板で初勝利 指揮官「ストレートも変化球も自分で操れる」

■ソフトバンク 1-0 楽天(2日・ヤフオクドーム)

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 ソフトバンクが初回に挙げた1点を守り抜いた。先発の大竹耕太郎投手は7回4安打無失点。5試合連続のハイクオリティスタートで、ようやく今季初勝利を挙げた。

 初回に今宮のタイムリーで挙げた1点を、大竹、甲斐野、森のリレーで守り抜いた。この日も大竹への援護は初回の1点のみ。我慢の投球が続いたが、ようやく報われた。工藤公康監督は「良かったですね~、何よりです」と第一声。「すばらしいピッチングをしてくれました。一番はストレートも変化球も自分で操れること。自分がどんなピッチャーなのかよく理解していると思います」と絶賛した。

 勝てなかった間もあえてアドバイスを送ることはなかったという。指揮官は「自分の調整の方法もあるでしょうし、それを僕がわざわざ崩す必要もない」と、2年目左腕に絶対的な信頼を寄せる。「2人のピッチャーもプレッシャーがかかったでしょうが、1点をよく守ってくれました」と、甲斐野と森の踏ん張りを称えることも忘れなかった。

 打線は1点しか援護できなかったが、「野手のみんなも1個勝たせてあげられたことで、次はどんどん打ってくれるんじゃないかと思います」と次回以降の援護を期待した。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」