野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武相内、4回途中8失点の大乱調を反省 「僕の悪い癖を見せてしまった」

西武の相内誠投手が3日の日本ハム戦(メットライフ)に先発。3回1/3、10安打、8失点で降板しプロ初勝利はまたもお預けとなった。

日本ハム戦に先発した西武・相内誠【画像:(C)PLM】
日本ハム戦に先発した西武・相内誠【画像:(C)PLM】

3回1/3、10安打、8失点で降板した先発の相内

■西武 – 日本ハム(3日・メットライフ)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 西武の相内誠投手が3日の日本ハム戦(メットライフ)に先発。3回1/3、10安打、8失点で降板しプロ初勝利はまたもお預けとなった。

 相内は初回に1死一、三塁のピンチを招くも中田を併殺に打ち取り無失点で切り抜けた。しかし2回に打者一巡の猛攻を浴びると、4回にも5点を失いこの回の途中でマウンドを降りた。

 相内は「コースをつきすぎてカウントを悪くし、ボールを置きに行って打たれるという悪循環でした」とこの日の投球を振り返った。

 今季2度目の先発となった相内は3回1/3、10安打、5四球、8失点と結果を残せず。プロ21試合目の登板でも白星を手にすることはできなかった。「初勝利を期待していただいたファンの方、球場に応援に来ていただいたライオンズファンの方、またチームに対して僕の悪い癖を見せてしまった。申し訳ない」とうつむいた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」