野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武秋山、俊足生かし“遊撃適時二塁打” 「積極的に振っていこうと」

西武の秋山翔吾外野手が4日の楽天戦(メットライフ)で先制の“遊撃適時二塁打”を放った。ここまで楽天戦4試合で勝利のないチームは幸先よく2点を先取し、エース多和田を援護した。

今季はここまで楽天戦で勝利がない西武

■西武 – 楽天(4日・メットライフ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 西武の秋山翔吾外野手が4日の楽天戦(メットライフ)で先制の“遊撃適時二塁打”を放った。ここまで楽天戦4試合で勝利のないチームは幸先よく2点を先取し、エース多和田を援護した。

 初回1死から源田がライトへの二塁打を放ち先制のチャンスを作ると、続く秋山の当たりを遊撃・茂木がグラブで弾きボールは転々。これがショートへのタイムリー二塁打となり、源田が先制のホームを踏んだ。秋山は「金子侑が粘ってくれたこと、また源田が出塁してチャンスを作ってくれたので、積極的に振っていこうと思って打席に入った」と振り返った。

 さらに山川の右飛の間に秋山が三塁に進塁。ここまで得点圏打率リーグトップの.433を誇る森がレフトにタイムリーを放ちさらに1点を追加した。2点の援護をもらった多和田だったが3回1死一、三塁からオコエに犠飛、島内にタイムリーを浴び同点に追いつかれた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」