野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ成瀬、4失点KOで2軍へ 移籍後初先発も3回途中降板 西村監督「もう1回下に」

オリックスは零封負けに終わり、連勝がストップした。4日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。移籍後初登板初先発となった成瀬が3回途中4失点とKOされ、打線も千賀らソフトバンク投手陣の前に5安打に終わり、1点も奪えなかった。

オリックス・西村監督【写真:荒川祐史】
オリックス・西村監督【写真:荒川祐史】

打線は千賀の前に3安打「優勝するためには、そういうところを変えていかないと…」

■ソフトバンク 4-0 オリックス(4日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! オリックス戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスは零封負けに終わり、連勝がストップした。4日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。移籍後初登板初先発となった成瀬が3回途中4失点とKOされ、打線も千賀らソフトバンク投手陣の前に5安打に終わり、1点も奪えなかった。

 成瀬は初回、松田宣、グラシアルに連続適時打を浴びて2点を奪われた。2回は無失点だったものの、3回には松田宣に再び適時二塁打を浴びた。グラシアルに二塁内野安打を許したところで成瀬は降板。2番手の吉田一が内川に犠飛を許し、左腕は2回0/3で7安打4失点で敗戦投手となった。

 試合後、西村徳文監督は成瀬について「低めにもう少し集めないといけない投手。甘くなるとつかまってしまう。本人とも話して、今ひとつ勝負しきれなかったところがある。大胆に攻めてくれれば、こちらも責めることはない」と語り「もう1回下にいってもらって結果を出してもらわないといけない」と、ファーム降格を明言した。

 打線は千賀の前にわずか3安打。「いい投手ではあるけど、だからといってゼロで抑えられていては上に上がっていけない。そういうところを変えていかないと上にはいけない。優勝するためにはそういうところを変えていかないと」と、顔をしかめていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」