野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 移籍後初の2桁10K 菊池雄星に敵地メディアも脱帽「触れることができなかった」

移籍後初の2桁10K 菊池雄星に敵地メディアも脱帽「触れることができなかった」

マリナーズの菊池雄星投手は3日(日本時間4日)、敵地インディアンス戦で先発して7回3安打1失点の好投を見せた。メジャー最長となる7回まで投げて3安打1失点。チームがサヨナラ負けを喫し、2勝目とはならなかったものの、移籍後初の2桁奪三振となる10個の三振を奪う圧巻の好投を見せた。

敵地インディアンス戦で先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
敵地インディアンス戦で先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

「クリーブランド.com」は7回3安打1失点の菊池の投球に脱帽

■インディアンス 2-1 マリナーズ(日本時間4日・クリーブランド)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 マリナーズの菊池雄星投手は3日(日本時間4日)、敵地インディアンス戦で先発して7回3安打1失点の好投を見せた。メジャー最長となる7回まで投げて3安打1失点。チームがサヨナラ負けを喫し、2勝目とはならなかったものの、移籍後初の2桁奪三振となる10個の三振を奪う圧巻の好投を見せた。

 初回はわずか11球で3者凡退。3回までインディアンス打線を無安打に封じた。1点リードで迎えた4回、二ゴロ併殺打の間に1点を失って同点とされたが、失点はこれだけ。6回2死からは圧巻の4者連続奪三振。4回2死から10者連続でアウトに仕留めた。味方打線が1点しか奪えず、菊池は1-1の同点のまま、7回で降板。チームはサヨナラ負けを喫して、勝敗はつかなかった。

 1点を争う攻防を制したインディアンスだが、地元メディア「クリーブランド.com」は、菊池の投球に脱帽。4月15日(同16日)の対戦では6回までに5安打で3点を奪っていたが、この日はわずか3安打に終わり「4月15日(同16日)のT-モバイルパークでの試合で、インディアンスは(先発として投げた)菊池を6-4で倒した。しかし、彼らは金曜日の試合でほとんど彼(の投げるボール)に触れることができなかった」とした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」