野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹打線が大爆発、2回までに9点奪取 初回6得点&2回は松田とグラシアルが連発

ソフトバンクは6日、本拠地でオリックスと対戦し、2回までに9得点と猛攻を見せた。初回に打者一巡で6点を先制。2回には松田、グラシアルのホームランで3点を加えた。

初回、3ランを放ったソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【画像:(C)PLM】
初回、3ランを放ったソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【画像:(C)PLM】

デスパイネは初回に6号3ラン、オリ先発アルバースは2回途中9失点KO

■ソフトバンク – オリックス(6日・ヤフオクドーム)

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 ソフトバンクは6日、本拠地でオリックスと対戦し、2回までに9得点と猛攻を見せた。初回に打者一巡で6点を先制。2回には松田宣、グラシアルのホームランで3点を加えた。

 初回は先頭・川島が初球を二塁打、周東も初球をセーフティバントで無死一、三塁とし、続く今宮の打席で一塁走者の周東が牽制で誘い出されたものの、その間に三塁走者の川島が生還。周東も二塁に残った。続く今宮は中前打で無死一、三塁とし、4番デスパイネはセンターへ2試合連発となる6号3ラン。オリックス先発のアルバースから10球で4点を奪った。

 続く松田もヒットの後、グラシアルは右中間を破る適時二塁打で先頭から6打者連続ヒット。5点目を加えると、内川の空振り三振、甲斐の四球、牧原の投ゴロを挟んで川島が適時打、このイニング2本目のヒットで初回6得点とした。周東の打席で牧原が三盗を試みてアウトとなり、ようやく初回の攻撃が終わった。

 2回に先発・東浜が小島にソロ弾を浴びるも、その裏には松田宣が8号2ラン。さらに、グラシアルが2打者連続弾となる4号ソロを放ち、早くも9得点。アルバースは1回2/3を9失点でKOされた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」