野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹5連勝、2回9得点と序盤に打線爆発&東浜2勝目 オリはアルバース炎上で3連敗

ソフトバンクは6日、本拠地オリックス戦に9-6で勝利し、5連勝を飾った。初回に打者一巡の猛攻で6点を奪うなど、2回までに9得点。その後、追加点は取れず、先発・東浜は4失点を喫したものの、2勝目(1敗)を挙げた。

初回、3ランを放ったソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【画像:(C)PLM】
初回、3ランを放ったソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【画像:(C)PLM】

ホークスは初回に先頭から6連打などで6点奪取、オリはバッテリーが2回で交代

■ソフトバンク 9-6 オリックス(6日・ヤフオクドーム)

【動画】最後の“ダイエー捕手”の現役最終打席 万感の思いが詰まった、山崎勝己涙のラストシーン

 ソフトバンクは6日、本拠地オリックス戦に9-6で勝利し、5連勝を飾った。初回に打者一巡の猛攻で6点を奪うなど、2回までに9得点。その後、追加点は取れず、先発・東浜は4失点を喫したものの、2勝目(1敗)を挙げた。

 ソフトバンクは初回、川島、周東がオリックス先発アルバースから2連打。今宮の打席で周東が牽制で誘い出されたものの、挟まれている間に川島が生還した。周東もアウトにならず二塁に進み、今宮の中前打の後にデスパイネが2戦連発となる6号2ラン。アルバースから10球で4点を奪った。

 さらに、松田宣がヒット、グラシアルが適時二塁打を放ち、先頭から6連打で5点を奪取。2死となってから川島の適時打で6点目を加えた。

 2回に先発・東浜が小島にソロ本塁打を浴びたが、その裏には松田宣の2ラン、グラシアルのソロと2者連続弾が飛び出し9点目。キューバ出身のデスパイネとグラシアルは2試合連続のアベック弾。アルバースはここでKOとなった。

 その後、追加点は奪えず。東浜は4回に吉田正のタイムリー、5回には福田のタイムリーなどでさらに2点を失い、ここで降板。救援陣も失点したがリードを守った。東浜は5回4失点で2勝目(1敗)を挙げた。

 オリックスは先発アルバースが1回2/3を9失点と大炎上。捕手の若月も3回の第1打席で代打を送られ、バッテリーがそろって2イニングで交代となった。その後、投手陣は無失点に抑えたものの、序盤の大量失点が大きく響き、3連敗を喫した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」