野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人坂本が2発、11号&12号でセ単独トップ浮上 開幕32戦連続出塁も達成

巨人の坂本勇人内野手が6日、敵地DeNA戦で3回までに2本塁打を放った。

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

DeNAソトを抜いて単独1位に、打率も.344まで上昇

■DeNA – 巨人(6日・横浜)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 巨人の坂本勇人内野手が6日、敵地DeNA戦で3回までに2本塁打を放った。

 坂本は初回、無死一塁でDeNA先発・東からレフトへ先制2ラン。開幕から32試合連続出塁とした。2回の第2打席は遊ゴロに倒れるも、3回で迎えた第2打席で再び快音を響かせる。

 巨人が6-0とリードを広げ、なおも2死一塁で打席へ。7球目に山本が二盗に成功すると、続く8球目の直球を捉え、左翼席中段へ運んだ。これが今季12号。対戦相手のDeNAソトを抜き去り、セ・リーグ単独トップに浮上した。

 打率も.344に上昇。圧巻の打撃を続けている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」