野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ、井口監督の打線組み換え的中でハム有原を攻略 GWは6勝3敗と勝ち越し

ロッテは6日、ZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハム戦に5-3で勝利。ゴールデンウイークの9試合を6勝3敗で締めくくった。

ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】

ソフトバンク&西武撃破にも意欲「なんとか上2つを叩けるように」

■ロッテ 5-3 日本ハム(6日・ZOZOマリン)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ロッテは6日、ZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハム戦に5-3で勝利。ゴールデンウイークの9試合を6勝3敗で締めくくった。

 今季ここまで2敗を喫している日本ハム先発・有原に対し、打線を組み替えて挑んだこの試合。初回、1番・荻野が中前打で出塁すると、盗塁と好走塁で1死三塁のチャンスを作り、この日3番で起用された角中の犠飛で1点をもぎ取った。

 一時は勝ち越されたものの、この日3試合ぶりにスタメン起用された7番・岡が5回、元同僚の有原から左翼へ1号ソロを放ち同点。さらに2死満塁の場面で、4番・井上を追い込んでいた有原が2度の暴投を犯し、4-2と一気に勝ち越し。続く6回には、こちらも元同僚のレアードが、中堅バックスクリーンへ2試合連続の11号ソロを放ち、試合前まで防御率リーグ1位だった右腕から5点を挙げて大きな1勝を手にした。

「しっかり繋いでいけたら」という意図で打順を組み替えた井口監督。不調の中村を6番に下げ、変わって3番に入った角中が犠飛。「練習から好調だった」という7番・岡が同点ソロ。そして、前日に引き続き「9番・遊撃」で起用された三木の内野安打を起点に、2番に入った鈴木も繋いで作った5回の2死満塁からの勝ち越しと、ベンチの用兵が見事に的中し、ゴールデンウイークの9試合を6勝3敗と勝ち越した。

 2位に並ぶ3チームとは1ゲーム差。借金返済も目前だが、指揮官は「前回もここまでは来た。次はロードで1週間ありますが、なんとか勝ち越して帰ってきたい。西武とソフトバンク、なんとか上2つを叩けるように」と、8日からの西武2連戦と10日からのソフトバンク3連戦に向け、気を引き締めていた。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」