野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 米で驚愕の変化を見せた154キロシンカーが話題 「誰もその球を打てない」

米で驚愕の変化を見せた154キロシンカーが話題 「誰もその球を打てない」

マーリンズのサンディ・アルカンターラ投手が6日(日本時間7日)、敵地でのカブス戦に先発し5回4安打5奪三振3失点。6四球を与えるなど大荒れの投球となったが、96マイル(約154キロ)の高速シンカーが米で話題となっている。

マーリンズのサンディ・アルカンタラ【写真:Getty Images】
マーリンズのサンディ・アルカンタラ【写真:Getty Images】

マーリンズ右腕アルカンターラが154キロのシンカーで空振り三振を奪う

■マーリンズ 6-5 カブス(日本時間7日・シカゴ)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 マーリンズのサンディ・アルカンタラ投手が6日(日本時間7日)、敵地でのカブス戦に先発し5回4安打5奪三振3失点。6四球を与えるなど大荒れの投球となったが、96マイル(約154キロ)の高速シンカーが米で話題となっている。

 初回1死一塁の場面でカブスの右打者クリス・ブライアントにカウント2-2からの1球に注目が集まった。内角へ96マイル(約154キロ)の剛速球が投じられたが、ボールは打者の膝元に大きく変化し空振り三振。154キロの超高速シンカーをマーリンズ球団公式ツイッターも動画で公開した。

 150キロを超えるボールが急激に変化する“魔球”にファンも「誰もその球を打てない」と興奮、さらにこの試合を中継していた「FOXスポーツ・マイアミ」の実況も「内角を外れる96マイルのもの凄い球です」と、驚きを隠せなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」