野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス、また初回に打線大爆発 打者9人で5点奪い2戦連続初回大量点

ソフトバンクが、2試合連続で初回にビッグイニングを作った。8日、敵地・楽天生命パークでの楽天戦。平日デーゲームの一戦で、初回に一挙5点を奪って先制した。

今宮の適時打で先制すると、内川には3号3ランが飛び出す

■楽天 – ソフトバンク(8日・楽天生命パーク)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクが、2試合連続で初回にビッグイニングを作った。8日、敵地・楽天生命パークでの楽天戦。平日デーゲームの一戦で、初回に一挙5点を奪って先制した。

 先頭の川島が四球で出塁すると、続く周東の犠打が内野安打となり、無死一、二塁に。今宮が中前適時打を放って先制点を奪うと、デスパイネは先発辛島のグラブを弾く内野安打に。満塁で松田宣の三ゴロの間に周東がホームを踏み、2点目を奪った。さらに2死から内川が左翼スタンドへの3ラン。大量5点を奪い、楽天先発の辛島を攻略した。

 6日に本拠地ヤフオクドームで行われたオリックス戦でも、初回に打者10人の猛攻で6点を奪っていたソフトバンク。この日は初回打者9人で5安打を集中して、5点のビッグイニングを作った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」