野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム、接戦制して貯金1 5投手完封リレーに栗山監督「良く我慢してくれた」

日本ハムは8日、本拠地・札幌ドームでオリックスと戦い、1-0で勝利して貯金1とした。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

打線は3安打に終わるも、6回に西川と大田の連打で虎の子の1点を奪う

■日本ハム 1-0 オリックス(8日・札幌ドーム)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムは8日、本拠地・札幌ドームでオリックスと戦い、1-0で勝利して貯金1とした。

 先発した金子弌大投手が5回3安打無失点と好投すると、リリーフした公文克彦投手、宮西尚生投手、石川直也投手、秋吉亮投手も無安打無失点でつなぎ、5投手でオリックス打線を“完封”した。

 栗山英樹監督は「1人1人が自分の仕事をきっちりやってくれた。今は我慢しながら1つでも多く勝ち切るしかない。本当にみんなよく我慢してくれたと思います」と痺れる試合展開をものにした選手たちをねぎらった。

 打線は計3安打とオリックス先発の榊原に苦戦したが、6回2死から西川遥輝外野手が右前打で出塁し、大田泰示外野手が左中間フェンス直撃の適時二塁打を放って虎の子の1点をもぎ取った。指揮官は「2人でよく取ってくれましたが、根本的にもう少し点を取れる形をつくっていけるようにみんなで工夫していきます」と反省も忘れなかった。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」