野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、メジャー最長8回途中2安打1失点! 6回1死まで無安打、2勝目権利持ち降板

菊池雄星、メジャー最長8回途中2安打1失点! 6回1死まで無安打、2勝目権利持ち降板

マリナーズの菊池雄星投手が8日(日本時間9日)、敵地でのヤンキース戦に先発し、メジャー最長となる7回2/3を投げて3安打1失点と好投した。メジャー9試合目の先発マウンドに上がった左腕は6回1死までヤンキース打線を無安打に封じる快投。6回1死から2本の安打と犠飛で失点したが、リードを守り2勝目の権利を持って降板した。

ヤンキース戦で好投したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
ヤンキース戦で好投したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

初回先頭に四球を与えて以降、6回1死まで走者を許さず

■ヤンキース – マリナーズ(日本時間9日・ニューヨーク)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 マリナーズの菊池雄星投手が8日(日本時間9日)、敵地でのヤンキース戦に先発し、メジャー最長となる7回2/3を投げて3安打1失点と好投した。メジャー9試合目の先発マウンドに上がった左腕は6回1死までヤンキース打線を無安打に封じる快投。6回1死から2本の安打と犠飛で失点したが、リードを守り2勝目の権利を持って降板した。

 初回、先頭のルメイヒューに四球を与えた菊池だったが、ボイト、フレイジャーを右飛、トーレスを二ゴロに打ち取って無失点の立ち上がり。そこから勢いに乗ると、2回、3回、4回、5回と4イニング連続で3者凡退に仕留めた。
 
 6回も先頭のロマインを二ゴロに打ち取り、これで16者連続アウトに。だが、続くトーチマンのどん詰まりの打球は三塁の後方に落ちる二塁打に。この日初安打を許すと、続くルメイヒューの打球も詰まりながら、二塁手の頭上を超える安打となった。一、三塁でボイトに右犠飛を許して失点。それでも、フレイジャーは見逃し三振に仕留め、最少失点で切り抜けた。

 菊池は3日(同4日)のインディアンス戦を上回る、メジャー最長となる8回もマウンドへ。メイビン、ロマインを打ち取り、2死としたが、トーチマンに右前安打を浴びたところで球数が106球となり降板。あとを受けたギアリンが得点を許さず、菊池は7回2/3、3安打1失点の好投。味方が中盤までに奪った5点のリードを守り、2勝目の権利を掴んでマウンドを降りた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」