野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、第3、4打席は凡退も…復帰3戦目で初安打&223日ぶりマルチ!

大谷翔平、第3、4打席は凡退も…復帰3戦目で初安打&223日ぶりマルチ!

エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地タイガース戦に「3番・DH」でスタメン出場し、第1打席で復帰後初安打を放つなど、マルチ安打をマーク。第3打席は空振り三振、第4打席はニゴロに倒れた。

復帰3戦目に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
復帰3戦目に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

初回タイムリーの初速は179キロ、3回には内野安打で2打席連続ヒット

■タイガース – エンゼルス(日本時間10日・デトロイト)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地タイガース戦に「3番・DH」でスタメン出場し、第1打席で復帰後初安打を放つなど、マルチ安打をマーク。第3打席は空振り三振、第4打席はニゴロに倒れた。

 大谷は初回、無死一、二塁の好機で打席に立つと、1ストライクから左腕カーペンターのスライダーを打ち、鋭いライナーでライト前に運ぶタイムリー。エンゼルスに先制点をもたらした。ヒットは昨季最終戦となった9月30日(同10月1日)のアスレチックス戦以来、221日ぶり。MLB公式サイトの解析システム「スタットキャスト」によると、打球の初速111マイル(約178.7キロ)。大谷らしい痛烈な一打だった。

 5-0となって迎えた3回は先頭打者として第2打席を迎え、痛烈な打球で三塁手のグラブを弾く内野安打。打球速度は101マイル(約163キロ)だった。2打席連続安打で昨年9月28日(同29日)のアスレチックス戦以来、223日ぶりのマルチ安打となった。

 6-0となって迎えた5回の第3打席は1死一塁でフルカウントからスライダーを振り、空振り三振。9-0の7回2死ではニゴロに倒れた。この試合の3回には、アルバート・プホルスが史上3人目の通算2000打点を記録している。

 大谷は昨季、打者として打率.285、61打点、10盗塁、22本塁打、投手としても4勝2敗、防御率3.31の成績を残し、ア・リーグ新人王に輝いた。シーズン終了後の昨年10月1日に右肘内側側副靭帯の再建術(トミー・ジョン手術)を受け、地道にリハビリを重ねてメジャーの舞台に戻ってきた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」