野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平が“ロケット内野安打” 「名手」が捕れず、米専門家「打球が強烈すぎ」

大谷翔平が“ロケット内野安打” 「名手」が捕れず、米専門家「打球が強烈すぎ」

エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地タイガース戦に「3番・DH」でスタメン出場。4打数2安打1打点1四球の活躍で13-0での勝利に大きく貢献した。初回に復帰初安打とある先制打を放つと、3回の第2打席では内野安打で連続安打を記録したが、地元テレビ局解説は「キャンデラリオはかなりの名手ですが、打球が強烈過ぎた」と守備名人を打ち砕く一撃に脱帽している。

今季初安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
今季初安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第2打席で打球速度163キロの内野安打、解説者は「キャンデラリオは名手ですが…」

■エンゼルス 13-0 タイガース(日本時間10日・デトロイト)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地タイガース戦に「3番・DH」でスタメン出場。4打数2安打1打点1四球の活躍で13-0での勝利に大きく貢献した。初回に復帰初安打とある先制打を放つと、3回の第2打席では内野安打で連続安打を記録したが、地元テレビ局解説は「キャンデラリオはかなりの名手ですが、打球が強烈過ぎた」と守備名人を打ち砕く一撃に脱帽している。

 初回に待望の今季初安打で先制点をもたらした大谷。その勢いは止まらなかった。3回、先頭打者として打席に立つと、先発左腕カーペンターの2球目のファストボールを完璧に捉えた。初速101マイル(約163キロ)の痛烈な打球は、大谷シフトで二塁ベース付近にいた三塁手、キャンデラリオのグラブを弾いて、内野安打に。地元ロサンゼルスで中継しているテレビ局「FOXスポーツ・ウエスト」で解説を務めている球団OBのマーク・グビザ氏はこの一打に驚きを隠そうとしなかった。

「左腕からまたしてもヒットですよ。カーペンター相手です。ボールを引きつけて、スイングしましたが、レベルスイングでした。強烈な打球です。キャンデラリオは普段はかなりの名手ですが、この打球は強烈すぎた。グラブを弾きましたね」

 グビザ氏は唸るように語った。メジャー4年目のキャンデラリオを「名手」と表現した上で、そのグラブを打ち破った大谷の“ロケット打”にメジャー通算132勝の球団OBも感嘆していた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」