野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、第2打席は左飛で10打席ノーヒット 第1打席は約172キロの中飛

大谷翔平、第2打席は左飛で10打席ノーヒット 第1打席は約172キロの中飛

エンゼルスの大谷翔平投手が11日(日本時間10日)、敵地オリオールズ戦に5戦連続で「3番・DH」でスタメン出場した。9日(日本時間10日)のタイガース戦で復帰後初安打をマークした大谷。この日の第1打席は中飛、第2打席は左飛に終わった。

「3番・DH」で先発出場しているエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
「3番・DH」で先発出場しているエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

5戦連続で「3番・DH」でスタメン出場

■オリオールズ – エンゼルス(日本時間12日・ボルティモア)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 エンゼルスの大谷翔平投手が11日(日本時間10日)、敵地オリオールズ戦に5戦連続で「3番・DH」でスタメン出場した。9日(日本時間10日)のタイガース戦で復帰後初安打をマークした大谷。この日の第1打席は中飛、第2打席は左飛に終わった。

 オリオールズの本拠地ボルティモアは元祖・二刀流ベーブ・ルースの生誕の地。昨年6月の遠征時には故障者リスト入りしていた大谷にとって、この遠征がボルティモア初見参。前日の第1戦は見逃し三振、空振り三振と2打席連続三振に倒れ、遊ゴロ、三ゴロ、左飛と5打席ノーヒットとなっていた。

 この日の第1打席は右腕バンディと対戦。初回1死一塁。右腕の初球、外角高めの真っ直ぐを捉えた打球は痛烈なライナーとなったものの、中堅の正面を突き、惜しくも中飛に終わった。エンゼルスは続くプホルスが左翼へ2ランを放ち、初回に2点を先制した。

 第2打席は2-2の同点で迎えた2死二塁で回ってきた。初球はカーブが外れてボール。2球目はスプリットが外れ、ワンバウンドとなってワイルドピッチとなり、走者は三塁へ。3球目は高めのストライク。4球目は内角へ外れてボール。5球目は高めの真っ直ぐを打ち上げ、左飛に終わった。これで復帰後初安打を放った9日(同10日)のタイガース戦の第3打席から10打席ノーヒットとなった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」