野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹が継投裏目で逆転負け、6回だけで4四球…工藤監督「送り出しているのは私」

12日、ソフトバンクはヤフオクドームでのロッテ戦に手痛い逆転負け。2点リードで迎えた6回からの継投がことごとく裏目に出た。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

継投がことごとく裏目、四球連発に「ピッチャーとしては勝負してほしい」

■ロッテ 5-4 ソフトバンク(12日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 12日、ソフトバンクはヤフオクドームでのロッテ戦に手痛い逆転負け。2点リードで迎えた6回からの継投がことごとく裏目に出た。

 ソフトバンクはデスパイネと今宮の2試合連続本塁打で4点を先制したが、先発のミランダが5回までに2失点。ベンチは6回から継投に入ったが、ルーキーの泉と加治屋が4つの四球を与えて押し出しで1点差。7回に登板した嘉弥真が左打者2人に連打を浴びると、4番手の甲斐野が2本のタイムリーを許すなど、中継ぎ陣が次々と負の連鎖に陥った。

 打線も6回裏、7回裏に満塁の好機を作りながらも無得点。ソフトバンクはロッテ戦でのチーム得点圏打率が1割台前半と極めて低く、この試合でも打線がその脆さを露呈した。

 試合後、工藤公康監督はミランダを5回で下ろしたことについて「球数ということではなく、四球とかもあったので難しいと決断しました」と説明。6回の2投手による4四球について「送り出しているのは私なので」と自らの責任を認めたうえで「ピッチャーとしては勝負してほしいなと思います。勝負して打たれるのはしょうがないけど、四球から生まれるものはないのでね。もっと勝負してほしいと思います」とした。

 7回の嘉弥真から甲斐野への継投は「2死ランナーなしでも甲斐野くんで行く予定でした」と工藤監督。前日結果を出した甲斐野は2本の適時打を浴びたが「結果的に打たれるとそう言われますが、ボールの走りは悪いわけじゃないのでそこまで心配はしていないです」とルーキー右腕をかばった。

 これで対ロッテは3カード連続の負け越しで2勝7敗。工藤公康監督は「まだまだこれから!」と言い残して会見場を後にした。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」