野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 159キロで衝撃の変化 驚愕のシンカーにファン唖然「10000%三振になる」

159キロで衝撃の変化 驚愕のシンカーにファン唖然「10000%三振になる」

レイズの救援左腕、ホセ・アルバラド投手がまたしても驚愕の1球を投じた。11日(日本時間12日)の本拠地ヤンキース戦で、驚くするほど変化する99マイル(約159キロ)のシンカーで空振り三振を奪取。MLB公式ツイッターが動画を公開すると、ファンは「10000%三振になる」と脱帽している。

レイズのホセ・アルバラド【写真:Getty Images】
レイズのホセ・アルバラド【写真:Getty Images】

レイズのアルバラドがまた驚愕の1球、MLB公式の動画に「あの球はクレイジー」

■レイズ 7-2 ヤンキース(日本時間12日・タンパ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 レイズの救援左腕、ホセ・アルバラド投手がまたしても驚愕の1球を投じた。11日(日本時間12日)の本拠地ヤンキース戦で、驚くするほど変化する99マイル(約159キロ)のシンカーで空振り三振を奪取。MLB公式ツイッターが動画を公開すると、ファンは「10000%三振になる」と脱帽している。

 アルバラドは7-2と5点リードの9回にマウンドへ。まずはガードナーを91マイル(約146キロ)のカットボールで見逃し三振に仕留めた。さらに、続く右打者のサンチェスは1ボール2ストライクと追い込むと、最後に衝撃的なボールを投げ込んだ。

 ストライクゾーンに向かっていくかと思われた99マイルの剛速球が、ベースの手前で大きく変化。外角のボールゾーンへと逃げていった。サンチェスは力なく空振り。最後はボールとバットが大きく離れていたが、サンチェスに同情するしかない驚異的な軌道だった。

 この日はレイズがデビルレイズ時代のユニホームを着用していたため、MLB公式ツイッターは「ユニホームか投球、どちらがよりすごいか分からない」との文章を添えて、この1球の動画を公開。すると、ファンからは驚きの声が次々と上がった。

「なんて動き」
「いつMLBでウィッフルボールの使用が認められたんだ?」
「断トツで投球」
「絶対ユニホーム」
「一番素晴らしいのは捕球」
「チーム名をデビルレイズに戻すべきだ」
「両方とも」
「あの球はクレイジーだ」
「10000%三振になる」
「フェアじゃない」

 ファンがコメントしている「ウィッフルボール」とは、野球が原型となっているスポーツで、穴の空いたプラスチックのボールが使われる。ボールが大きな変化をすることが特徴だ。結局、続くトーレスを右直に仕留めて3者凡退で試合を締めたアルバラド。ここまで17試合で防御率1.13と好調レイズに欠かせない存在だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」