野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 首位決戦でCY賞左腕に投げ勝った田中将大に称賛やまず「彼は重圧を力に変える」

首位決戦でCY賞左腕に投げ勝った田中将大に称賛やまず「彼は重圧を力に変える」

12日(日本時間13日)の敵地レイズ戦で7回5安打1失点7奪三振と快投し、今季3勝目を挙げたヤンキースの田中将大投手。ヤンキースを7-1の快勝に導いた投球に称賛の声が続々と上がっている。特に、宝刀スプリットの切れ味が戻ったことをNYメディアは“歓迎”しており、昨季のサイ・ヤング賞左腕ブレイク・スネルに投げ勝った快投を女房役は「彼は常にビッグゲームで調子を上げる」と称えている。

今季3勝目を挙げたヤンキース・田中将大【写真:AP】
今季3勝目を挙げたヤンキース・田中将大【写真:AP】

NY紙が7回1失点の快投を絶賛「彼の今季最高の登板だったかもしれない」

■ヤンキース 7-1 レイズ(日本時間13日・タンパ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 田中将大を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 12日(日本時間13日)の敵地レイズ戦で7回5安打1失点7奪三振と快投し、今季3勝目を挙げたヤンキースの田中将大投手。ヤンキースを7-1の快勝に導いた投球に称賛の声が続々と上がっている。特に、宝刀スプリットの切れ味が戻ったことをNYメディアは“歓迎”しており、昨季のサイ・ヤング賞左腕ブレイク・スネルに投げ勝った快投を女房役は「彼は常にビッグゲームで調子を上げる」と称えている。

 田中は5回まで毎回奪三振の快投。レイズ打線を圧倒した。失点は、6回1死からメドウズに浴びたソロ本塁打のみ。わずか73球、今季5度目のクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)、そして同2度目のハイクオリティースタート(HQS、7回以上を自責2以内)と圧巻の投球だった。

 地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「マサヒロ・タナカと彼の最大の武器が彼の必要性を示す」とのタイトルで、この試合についてレポート。ここ数試合不調だったスプリットが冴え渡ったこと、そして、サイ・ヤング賞左腕相手の“首位決戦”という「ビッグゲーム」で田中が本来の力を発揮したことに注目している。

 記事では「彼は7回5安打1失点、無四球、7奪三振とした。ヤンキース打線の1巡目では、スネルは完璧で、9人中7人から三振を奪った。タナカも負けていなかった。彼の今季最高の登板だったかもしれないし、間違いなく最も重要な試合であった。なぜなら、奪三振のうち3つを復活したスプリットで奪ったからである」と指摘。女房役のオースティン・ロマインも「間違いなくスプリットが改善した。ここ数試合で最高だった」と絶賛したという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」